にしかわ耳鼻咽喉科は八戸ノ里駅の徒歩1分の東大阪の耳鼻科です。アレルギー性鼻炎、蓄膿症など、耳鼻科疾患に幅広く対応しております。

東大阪、耳鼻咽喉科 にしかわ耳鼻咽喉科 Nishikawa ENT CLINIC

近鉄「八戸ノ里駅」より徒歩1分

06-6753-7867

〒577-0034 大阪府東大阪市御厨南2-1-1 八戸ノ里HIROビル2F

photo

その他の病気

メニエール病

メニエール病とは?

東大阪、耳鼻咽喉科 にしかわ耳鼻咽喉科 メニエール病

「めまい」と「吐き気」の発作が繰り返し起こる病気です。一般的には「耳鳴り」や「難聴」をともないます。耳の奥の内耳(鼓膜のずっと奥)が水ぶくれ状態となり、 (これを内リンパ水腫といいます。)それが周辺の神経を圧迫することが原因です。水ぶくれをおこす原因は現在ではまだよくわかっていませんが、肉体的・精神的ストレスが一因と考えられます。 メニエル病は主に片側の内耳が障害されたことにより発症しますが、まれに左右両側におこる方がいます。メニエル病は脳からくるめまいではないので、生命の危険性はありません。なおメニエル病の中には、聞こえだけが悪くなったり、良くなったりを繰り返すタイプ『蝸牛(かぎゅう)型メニエル病』と、まためまいだけを繰り返すタイプ『前庭(ぜんてい)型メニエル病』があります。

メニエール病の治療方法

メニエール病は活動期と呼ばれる、めまいなどの発作を繰り返す時期と、安定した状態が続く間歇期があります。活動期では毎日のように発作をおこす人から、数週間から数ヶ月に一度の人まで様々です。ぐるぐる回る激しいめまいのほか、耳の聞こえが変化し、めまいが起こる前に耳が詰まってきたり、耳鳴りが起こります。吐き気や嘔吐、冷や汗などの自律神経症状を伴うことも多く、めまいは30分間から数時間続く場合があります。

日常生活で気を付けていただき事

メニエール症は現在、完全に治すことは困難です。よって、発作が起こるたびにめまいを抑え、聴力をもとに戻し、心身の安定を図り、発作を防ぐということが治療の主旨となります。

治療は主に内服と点滴療法(循環改善剤、ビタミン製剤、めまい止め、利尿剤、時にステロイドなど)となります。また飲み薬は長期間服用していただきます。

過労やストレスがきっかけとなるケースが多いので、規則正しい生活を送り、疲れたら休み、ストレスを溜めないようにしましょう。(メニエル病はきまじめな方や凡帳面な方に多いようです。)

メニエール病の発作が起こったら、動き回っては危険ですのでとにかく安静にしてめまいが落ち着くのを待つしかありません。お薬を処方されているのであれば、すぐに飲むようにしましょう。異常が出ている側を上にして、頭を動かさないようにして静かな場所で休みましょう。できれば音や光などの刺激は避け、暗い部屋が望ましいです。目を冷やすのも効果的です。

東大阪、耳鼻咽喉科 にしかわ耳鼻咽喉科 つらい花粉症の症状を最新の治療で治しませんか?まずは1度ご相談ください
東大阪、耳鼻咽喉科 にしかわ耳鼻咽喉科 つらい花粉症の症状を最新の治療で治しませんか?まずは1度ご相談ください

NBI内視鏡

がんの早期発見を目指して
最新型内視鏡を導入

舌下免疫療法

スギ花粉症を根本的に
治す免疫療法

アルゴンプラズマレーザー

特に鼻づまりに効果的な
花粉症治療です。

睡眠時無呼吸症候群

がんの早期発見を目指して
最新型内視鏡を導入

補聴器

お使いでない補聴器を
もう一度試してみませんか?

モバイルサイト

携帯電話からも
サイトをご覧頂けます

病気の解説

耳鼻科で診療する病気について解説します。

PageTop