日本の潜在患者数は300万人以上といわれる睡眠時無呼吸症候群日本の潜在患者数は300万人以上といわれる睡眠時無呼吸症候群

院内

いびき・睡眠でお悩みの方へ

もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かも・・?と不安を抱えている方へ

  • ・いびきが気になる
  • ・家族からいびきがうるさいと言われる
  • ・朝起きることができない
  • ・しっかり寝たのに会議中に眠くなる、運転中に眠くなる・・・ 。

このようなお悩みをお持ちの方は、「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。
睡眠時無呼吸症候群は、潜在患者が300万人以上と推計されている、誰にでも起こりうる身近な病気です。
しかし、放っておくと日常生活に支障をきたし、時には重大な病気や事故につながることのある危険な病気です。

「もしかしたら・・・」と思ったら、一度ご検査されることが重要です。

メニュー案内

睡眠時無呼吸 症候群とは

睡眠時無呼吸
症候群とは

睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。

睡眠時無呼吸症候群に なりやすい方

睡眠時無呼吸症候群に
なりやすい方

生活習慣と睡眠時無呼吸症候群の関係性について

原因と予防について

原因と予防について

睡眠時無呼吸症候群の原因を知って、予防法を知っておきましょう。

睡眠時無呼吸症候群の 合併症

睡眠時無呼吸症候群の
合併症

睡眠時無呼吸症候群が引き起こす合併症について

いびきについて

いびきについて

「散発性いびき」と「習慣性いびき」など原因をしって改善しましょう。

検査について

検査について

自宅でできる簡易検査と入院が必要な精密検査について

治療内容

治療内容

治療内容は、患者様の状態によって異なります。

CPAP療法

CPAP療法

当院ではCPAP治療の通院を効率よく診察する体制をとっています。

こんな症状でお悩みの方は、一度当院にご相談ください

  • 昼間の眠気、 日中眠くて 集中できない
  • 朝、 寝起きが悪い 頭痛がする
  • 居眠り運転 運転中の眠気
  • 夜中に 目が覚める 熟睡できない
  • 寝汗をよくかく 寝苦しい
  • 口の中が乾く 口呼吸に なっている
  • いびきが うるさいと 指摘される
  • 体が重い・ だるい 疲れが抜けない

院長からのメッセージ

当院の睡眠時無呼吸症候群のホームページをご覧いただきありがとうございます。
睡眠は健康に日常生活を送るためにとても重要な役割があります。
睡眠時無呼吸症候群に罹患すると、上述したような様々な弊害が出てきます。
しかし睡眠時無呼吸症候群は自覚症状がない場合もあり、家族の方から指摘されて
来院される方も多くいらっしゃいます。

当院では睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査、治療に力を入れて取り組んでおります。
まずは簡易検査を実施して原因を明確にすることが重要です。その上で治療が必要な
場合は、ご相談の上、患者様に合った睡眠時無呼吸対策をご提案させていただいています。
熟睡できない、昼間の眠気で集中できない、車の運転が心配だ、などの不安がある方は、
是非ご相談ください。

また、既に睡眠時無呼吸症候群の治療を行っているが、引っ越しなどで
継続した治療を受けたいとの方に対しても、治療を引き継げるような
仕組みをご案内しています。CPAPメーカーも、帝人、フクダ電子、フィリップスに対応しております。
CPAP治療の適応でない場合も、生活習慣の改善、寝る姿勢の指導、専門医療機関
のご紹介など患者様の症状に合わせた治療をご案内致します。
睡眠時無呼吸、いびきが気になる方、ご家族の方に指摘されている方も、是非お気軽にお問い合わせください。

TEL:06-6753-7867 受付時間  9:00〜12:30/16:00〜19:00アクセス